ドコモ契約時の審査とは?新規・分割の落ちる原因や対処法を徹底解説!

「ドコモで契約するのにどんな審査を受けるの?」

「ドコモの審査で落ちたら契約できなくなるの?」

このようにドコモで契約する時の審査について、詳しく知らない方は多いでしょう。

そこで、今回はドコモで契約する時の審査について徹底解説します。

どのような審査を行うのか、審査に落ちる原因、そして審査に落ちてしまった時の対処法まで紹介します。

この記事を最後まで読むと、ドコモの審査がスムーズに完了する可能性が高くなるので、これからドコモで契約する方はぜひ参考にしてみてください。

\ オンラインで簡単手続き! /

目次

ドコモに契約する時の審査とは

ドコモの審査は、新規契約・他社からの乗り換え・機種変更を申し込む時に行われます。

過去に審査を通過した人でも申し込みの度に審査は行われ、その都度審査を通過する必要があるのです。

ドコモの審査には2種類あり、審査する内容や機関が異なります。

  • 契約審査
  • 分割審査

それぞれ順番に、どのような審査なのか詳しくみてみましょう。

1:契約審査

ドコモの契約審査とは、毎月料金を支払い続ける能力があるかどうかを確かめる審査です。

信用情報機関に契約者の情報を照らし合わせて、支払い能力を判断します。

過去に一度もドコモと契約をしたことがない場合、新たに審査されるため比較的厳しめに審査が行われます。

一方、ドコモと契約中の人が機種変更する場合、これまでの支払い実績が考慮されるため比較的審査は緩めの傾向があるのです。

2:分割審査

ドコモの分割審査とは、端末料金を分割で支払う時に行われる審査です。
端末料金を一括で支払う場合は、分割審査は行われません。

審査はドコモが行うのではなく、CIC(Credit Information Center)という信用情報機関が行います。

分割審査は端末料金や契約条件によって、審査の厳しさが変わるのが特徴です。

ドコモの契約審査に落ちる原因

ドコモにはどのような審査があるか把握できたら、次は審査に落ちる原因を確認しましょう。

まずはドコモの契約審査に落ちる原因を2つ解説します。

  1. 強制解約された経験がある
  2. 過去に契約→解約を繰り返した履歴がある

それぞれ順番にみてみましょう。

強制解約された経験がある

過去にドコモから強制解約をさせられた履歴がある場合、契約審査に落ちる可能性が高いです。

ドコモでの強制解約の履歴がなくても、他のキャリアで強制解約の履歴があると契約審査の通過は難しくなります。

ただし、審査に落ちたとしても強制解約の原因が「料金未納」の場合、未納料金を支払えば再度審査を行ってくれる場合があります。

その場合、最大10万円の預託金を預けて契約するか、審査に落ちるかの2択になる可能性が高いです。

過去に契約→解約を繰り返した履歴がある

これまでに契約と解約を短期間で繰り返し行った履歴があると、審査に落ちる可能性が高いです。

なぜなら、キャッシュバックや転売を疑われるからです。

一度や二度程度ならあまり審査に影響がないと考えられていますが、何度も行った履歴がある場合は審査の通過は難しいでしょう。

また、契約と解約を繰り返し行った履歴はキャリア同士が情報を共有しているため、「他キャリアだったから大丈夫」という訳にはいきません。

ドコモの分割審査に落ちる原因

次に、ドコモの分割審査に落ちる原因を5つ解説します。

  1. 料金の支払いを請求書払いにしている
  2. すでに2台分の端末代金を分割支払いしている
  3. 料金を滞納している・滞納した経験がある
  4. 信用情報に悪い履歴がある
  5. 収入がないのに端末代金が10万円以上になる

それぞれ順番にみてみましょう。

料金の支払いを請求書払いにしている

ドコモの端末料金の分割支払いは、口座振替かクレジットカードに限定されています。

そのため、毎月の支払方法が請求書払いだと、分割審査に落ちてしまうのです。

支払い方法はその場で変更が可能であり、変更後すぐに分割審査を再度行ってもらえます。

すでに2台分の端末代金を分割支払いしている

ドコモの分割支払いは、1回線につき2台までと決まっています。

そのため、すでに1回線で2台分の端末料金を分割支払いしている場合、どちらかの料金が支払い終わるまで、分割支払いを選択できません。

短期間のうちに機種変更をしている方や、分割回数を多く設定している方は注意しましょう。

料金を滞納している・滞納した経験がある

現在料金を滞納中であったり、これまでに料金の支払いを滞納した履歴があったりすると、分割審査に落ちる可能性が高いです。

数回、料金の支払いが遅れた程度であれば審査に大きな影響はありません。

しかし、頻繁に支払いが遅れてしまったり、督促状が届いてからしか支払いを行わなかったりしていると、審査の通過は難しいと考えておきましょう。

他のキャリアでの支払い履歴も確認される場合があるので、「キャリアが違うから平気!」などと思わないようにしましょう。

信用情報に悪い履歴がある

信用情報機関が保有している信用情報に、以下のような悪い履歴が残っていると分割審査に落ちる可能性が高いです。

  • クレジットカードの支払いに遅れた、滞納金がある
  • ローンの支払いに遅れた、滞納金がある
  • 借入額が収入を上回っている

信用情報の履歴は長期間残るので、悪い履歴を残さないように、普段から支払いには注意しましょう。

収入がないのに端末代金が10万円以上になる

端末料金が10万円以上であり、無職や専業主婦だと分割審査に落ちる可能性が高いです。

なぜなら、端末料金が高いのに一定の収入がないと、料金の支払いを続けられないと判断されるからです。

一度審査に落ちてしまうと、端末料金を10万円以下にするか、収入状況が変わらない限り分割審査を通過するのは難しいでしょう。

ドコモの審査に落ちた時の対処法

ドコモの審査に落ちてしまっても、落ちた原因によっては対処可能です。

審査に落ちた時の対処法は以下の3つです。

  1. 料金を一括支払いにする
  2. 信用情報の悪い情報が消えるのを待つ
  3. 料金を10万円以下にする

契約を諦める前に、自分は対処可能なのか確認してみましょう。

端末代金を一括支払いにする

先述した通り、分割審査は端末料金を分割支払いで購入する時に行う審査です。

そのため、分割審査に落ちてしまっても端末料金の支払い方法を一括に変更すれば分割審査が不要となり、審査基準が比較的低い契約審査のみとなります。

契約審査だけであれば、審査に落ちることなくスムーズに契約できる可能性が高いです。

端末料金の支払いに余裕があるのであれば、一括購入を検討してみてはいかがでしょうか。

信用情報の悪い情報が消えるのを待つ

信用情報に悪い履歴が残っている場合、履歴が消えるのを待ってから再度契約手続きを行いましょう。

ただし、信用情報の履歴は完済してから5年間は消えません。

未納料金を完済すればすぐに契約が可能になるわけではないので、注意しましょう。

端末代金を10万円以下にする

ドコモの分割審査は、端末料金が10万円を超えると審査基準が格段に厳しくなる傾向があります。

そのため、端末料金を10万円以下にすると、分割審査が通過しやすくなるのです。

また、端末料金を10万円以下にすれば、万が一分割審査に落ちてしまっても一括で支払いやすくなります。

ドコモの審査に通るか事前に確認する方法

ドコモの審査について理解できても、具体的な審査内容は開示されていないため、実際に契約しようとしたら審査に落ちる可能性があります。

審査に落ちた原因がその場で解決できない場合、手続きを行った時間や手間が無駄になってしまいます。

そのため、契約手続きを行う前に、以下の方法で審査に通過できるかどうかを確かめてみてはいかがでしょうか。

  • ドコモショップで確認する
  • 信用情報を確認する

それぞれ順番にやり方を紹介するので、ぜひ参考にしながら確認してみてください。

ドコモショップで確認する

ドコモショップへ行き必要書類と身分証明書を用意すれば、ドコモで契約が可能かどうかを教えてもらえます。

ただし、ドコモショップで確認を行うと事務手数料がかかってしまいます。

無料で確かめたい場合は、ドコモのオンラインサービス・my docomoを利用しましょう。

\ オンラインで簡単手続き! /

信用情報を確認する

信用情報機関に登録されている自分の信用情報は、情報開示を請求すれば内容を確認できます。

情報開示の請求方法は以下の3つです。

  • インターネット
  • 郵送
  • 窓口

情報開示にはインターネットと郵送なら1,000円、窓口なら500円の手数料がかかります。

また、郵送の場合は申込用紙が信用情報機関に届いてから、情報開示まで10日前後の日数が必要です。

窓口は受付対応時間が限られているため、急いで信用情報を確認したい場合はインターネットを活用するのがおすすめです。

ドコモの審査に関するよくある質問

これまでドコモに契約する時の審査について解説してきました。

最後に、ドコモの審査に関するよくある質問を紹介します。

Q.ドコモの審査は厳しい?

Q.ドコモの審査はどのくらい時間がかかる?

Q.ドコモには仮審査ってある?

Q.ドコモのオンラインショップでも審査はある?

契約手続きをスムーズに行いたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

Q.ドコモの審査は厳しい?甘い?

ドコモが行う「契約審査」は比較的緩めの傾向があります。

ドコモの利用経験があったり、利用料金をしっかりと支払ったりすれば審査を通過できるでしょう。

一方、信用情報機関が行う「分割審査」は契約審査よりも厳しめの傾向があります。

ただし、一定の収入があり信用情報に悪い履歴がなければ、審査に落ちる可能性は低いでしょう。

Q.ドコモの審査はどのくらい時間がかかる?

多くの場合、ドコモの審査は数時間で完了します。

特にこれまでドコモや他のキャリアで問題なく契約できている場合、かなり短時間で審査が完了するでしょう。

ただし、慎重に審査を行う必要があると、長いと数日後に審査結果が出る場合があります。

また、審査自体には問題がなくても、契約の申し込みが多い時期だと通常よりも審査に時間がかかる可能性が高いです。

審査の内容にかかわらず、契約をする際は時間に余裕をもって行うのがおすすめです。

もしくは、ドコモのオンラインショップを利用すれば、自分の好きな時に契約ができます。

Q.ドコモには仮審査ってある?

ドコモに新規契約する際、住宅ローンのような仮審査は用意されておらず、本審査のみとなります。

審査が通過できるかどうか不安な場合は、ドコモショップやmy docomoなどを利用して、契約できるかどうかを確認してみましょう。

Q.ドコモのオンラインショップでも審査はある?

ドコモのオンラインショップで契約する場合でも、ドコモショップでの契約と同様に審査が行われます。

審査内容や基準に差はありませんが、スタッフによる説明がないため審査に落ちた理由が分かりにくい場合があります。

特に必要書類の不備は気が付きにくいので、申し込みを行う前にしっかりと確認をしておくのがおすすめです。

Q.契約名義を変えれば審査は通る?

ドコモの審査は個人に紐付いて行われています。

そのため、親や家族の名義に変えれば、審査を通過できる可能性があります。

ただし、機種変更は名義変更しても履歴が残るので、他の人の名義での契約ができるのは新規契約の場合だけです。

Q.オンラインショップで「出荷作業待ち」で止まってるのは審査で落ちてる可能性がある?

「出荷作業待ち」「配送中」と表示されている場合、審査はすでに通過している状態です。

しかし、「お手続き中」は審査を通過していない状態です。

「お手続き中」の表示が長引いている場合は、審査が厳しく行われていたり、落ちていたりする可能性があります。

Q.ドコモオンラインショップで「審査基準を満たしておりません」とエラーが出た場合どうすればいい?

「審査基準を満たしておりません」とは、分割審査に落ちた状態を意味します。

そのため、支払い方法を一括に変更したり、端末料金を10万円以下にしたりすると、契約ができる可能性があります。

詳しい対処法は先述した「ドコモの審査に落ちた時の対処法」を参考にしてみてください。

Q.SIMのみの契約でも審査がある?

SIMのみの契約の場合でも契約審査はあります。通常の新規と同じ審査が行われます。

\ オンラインで簡単手続き! /

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる