本文へスキップ
公益財団法人 電気電子情報学術振興財団

 

猪瀬学術奨励賞

※昭和63年より続いておりました猪瀬学術奨励賞は平成21年度をもちまして、休止させて頂きました。受賞者の皆様方の更なるご活躍を心よりお祈り申し上げます。

1. 趣旨
  本学術奨励賞は,我が国の学術の将来を担う研究者を育成することを目的として,
  電気,電子,情報の分野の大学院修士課程に在学中で博士課程への進学を予定して
  いる優秀な研究者に贈呈し,その研究を助成する。

2. 研究助成の方法
  猪瀬学術奨励金として、金10万円を助成するとともに、贈呈状及び賞牌を交付する。

3. 交付の申請
  本学術奨励金の交付を希望する者は,様式1の交付申請書に必要時刻を記入し,
  添付論文及び様式2の推薦書(別の封筒に入れて風をしたもの)を添えて,期日
  (例年4月15日)までに財団事務局に提出すること。

4. 選考の方法
  交付申請書類及び推薦書にもとづき,財団の選考委員会が選考を行い,
  3名以内を選考する。

○猪瀬 博 先生(1927年-2000年)ご略歴 (PDF 740KB)

猪瀬学術奨励賞 歴代受賞者(過去5年)

猪瀬学術奨励賞銀メダル「Festina Lente」の由来
ダル「Festina Lente」の由来


 アメリカでしばらく研究生活を送ったのち、はじめて欧州に渡ったのは昭和33年の春のことだった。ケンブリッジの川辺にはクロッカスが黄や紫の小さな花をもたげ、ピンクと白のマロニエの花がシャンゼリゼーに咲き誇っていた。花の都フィレンツェの藤や芍薬の見事だったこと、それにアッピア街道の路傍に咲き満ちたひなげしの可憐さなど今も忘れられない。それまでは図録でしか見ることのなかった、大聖堂や名画や彫刻を、つぶさに鑑賞することができたのも、忘れ得ぬ思い出である。  この旅行中にはじめて目にしたものはいろいろあるが、中でも地中海沿岸のところどころで、イルカと錨を配した美しい図柄のフレスコやモザイクに心を引かれた。その後、欧州には頻繁に出掛けるようになり、この図柄にもいろいろなヴァリエーションのあることを知ったが、これがFestina Lenteというギリシャ、ローマ以来の教訓に由来していることも学んだ。
 力にまかせて驀進するイルカと、その暴走をつなぎとめる錨との絶妙な組合わせは、図柄として美しいだけでなく、“ゆっくり急げ”という寓意をまことに的確に表現しているといえよう。若さにまかせて早トチリばかりしている筆者にとってよい薬になると思い、爾来これを座右の銘として今日に至っている。

 近年、大学院博士課程への進学者数が年々減少する傾向にあり、憂慮の声が高まっている。そこで修士課程在学中の人たちがもっと多く博士課程へ進学してくれるよう激励する意味で、5年前に思い立ち、貧者の一灯ではあるが、全国の大学から毎年三人の方を選んで頂いて、学術奨励金を差上げている。その際贈呈している銀メダルにも、自戒の意味を込めてFestina Lenteの図柄を借用した。

 齢60才を過ぎた今日、自らを顧みると、仕事の山にただ夢中で立ち向い、ひたすら走り抜けてしまった感が深い。もう少し落着いて足場を踏み固めておくべきだったと思うことも多いし、あのとき道草を食っておけばどれほど楽しかったろうとほぞをかむ思いもある。座右の銘も空文に等しかったかもしれない。

                                詩集「Festina Lente」より 平成4年12月

公益財団法人
電気電子情報学術振興財団 事務局

〒113-0032
東京都文京区弥生2-4-16
学会センタービル3階

TEL (03)3813-8350
Email:denkidenshijp@ybb.ne.jp